2010年06月28日

M24カスタム

クラシックアーミーのM24ですが、先日から少しずついじってます。

まず、ハンドル周り、ノーマルでは分厚いペンキな感じ


その塗装を剥がして黒染め→気に入らない。
結局インディのパーカーシールでスプレーしました。

シリンダーはPDIの鋼鉄シリンダーSETです。
折角塗ったけど、ハンドルもPDIに変えちゃうかも...

そのシリンダーに付いてきたシリンダーヘッド、CA製に比べると1mm程度長いので、ノズル長が丁度よくなる事を期待。

長いのがPDIで短いのがCA。
ただ、CAのチャンバーと組み合わせてみると、まだノズル長が足りない様子。

まあ、それも見越してオーダーしていたパーツ郡が到着。


チャンバーを入れてみるとサイズが全然合わない。

ライラのチャンバー長過ぎ。汗
APS-2用とM24用は違うのね。
CA純正はノズル長が合わないし、PDIは左右で微調整出来るタイプなので使いたく無い。風が吹いているレンジで左右微調整出来ても、逆に失敗しそうだから。
結局、今回買ったライラのチャンバーを削って使用。

真ん中のパイプはインナーバレルを固定するまでのガイド。
左右からインナーをネジで固定したら外しちゃいます。

長さはOK。給弾不良も有りません。

しかし前から覗いてみたらインナーが鬼の様に上向き。
対策として1mm厚のアルミ板と0.2mm(だっけ?)の銅箔テープを張ってみたらバッチリセンターに。


あ、ノズル長はバッチリです。

なんて事をしている間に国内では買えないライラの強いバネ到着。(あ、流速だからね。規制値内にしますよ。)
韓国に2日前のオーダーでもう届いちゃうなんて偉い。
と思ったら、webの写真は太径なのに届いたのは細径。やっぱりスムースには行かないわ。
なので、太径に合わせて買った蔵前のバランスアップピストンは出番無し。CA製をとりあえず使う事に。

更に問題発生。
PDIのシリンダーは径が細くて専用ピストンじゃないとダメみたい。
今回買ったライラのピストンヘッドじゃキツいので周りをカッターで切ってみました。
とりあえずは問題無いみたいだけど、気分が悪いので後日対策します。

あとは、後日実射してチャンバーパッキン選択、バレル長を調整ですね。
今回久々に電気くらげを買ってみたけど、最近、良さを再確認したSCPをマルイパッキンに合わせる事になると思う。

しかし、ポン付けで終了と思ってたけど甘く無いわ。

飛距離重視で流速が完成したら、バネとインナーを変えてグルーピング重視のセッティングも試す予定。




タグ :M24

同じカテゴリー(M24)の記事画像
M24マガジン
M24 給弾不良
ボルト分解
Classic Army M24
同じカテゴリー(M24)の記事
 M24マガジン (2010-10-30 21:34)
 M24 給弾不良 (2010-07-08 00:37)
 ボルト分解 (2010-06-21 23:28)
 Classic Army M24 (2010-06-21 13:00)
Posted by mick_mars at 00:21│Comments(2)M24
この記事へのコメント
山あり谷ありで大変そうですが、なんだか楽しそう。ライラでも海外仕様のスプリングってあるんですね。知りませんでした。

私もそろそろ電動ガンをいじろうかなぁ~?
Posted by インプ555 at 2010年06月28日 22:23
インプさんこんばんは。
ライラもPDIもシステマも海外仕様のが有りますね。
1J規制のパーツだと、海外じゃ売れないんじゃないですかね?
現在PDIのバネを海外から取り寄せ中です。

インプさんもいじりましょ〜。
自分のデータだったらこっそりお教えしますよ。
Posted by mick_marsmick_mars at 2010年06月28日 23:03
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。